介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、これまで複雑だった介護福祉士の養成体系を明確化し、介護・福祉業界で
生涯働き続けることができるよう、新たに創設された研修です。介護で仕事をするにあたっての
はじめの一歩となる入門資格です。

研修内容

受講開始から修了まで6つのステップで進んでいきます。

オリエンテーション:最初の授業はオリエンテーションです。受講開始から修了までの流れを説明します。疑問や不安などを解決して、研修をスタートしましょう。
 講義(51時間):介護に必要な制度や知識を学びます。職務の理解/介護の基本/介護・福祉サービスの理解と医療との連携/認知症の理解 等
 技術演習(75時間):介護に必要な技術を演習で身につけます。食事の介護/入浴の介護/排泄の介護等
振り返り(4時間):研修全体を振り返り、講義・演習で学んだことを体系化します。
修了評価(1時間):筆記試験による修了評価を行います。
修了:指定された全日程を履修し、修了評価で合格した方には修了式にて修了証明書を交付します。